« 2008 1/25(金) 23:08 | トップページ | 2008 1/27(日) 19:28 »

2008年1月26日 (土)

2008 1/26(土) 16:03

田中様
 
 
 
夫れ、真実の信楽を按ずるに信楽に一念あり、一念とは信楽開発の時尅の極促を顕し、広大難思の慶心を彰すなり」と、親鸞聖人は明らかに教えていられます。
 
先便で、この「真実の信楽」を信知すれば、貴方の迷いは総て解消されると言いました。
 
これは「真実の信楽」には「一念」があり、「一念」とは「信楽開発の時尅の極促」であり、「広大難思の慶心」である、ということです。信楽開発は、時尅の極促、一念なのです。
 
 前述した、親鸞聖人のお言葉で言えば、「信受本願」した一念を、「前念命終」とも、「後念即生」とも、「即得往生」とも、「住不退転」とも言われているのであって、実は、みな「信楽開発」のことです。
 
また、今までも話題になった、『若不生者のちかいゆえ』の『ご和讃』も、「信楽開発」の一念を、「信楽まことにときいたり」とも、「一念慶喜する」とも、「往生かならず定まりぬ」とも言われているのであって、みな、一念同時のことなのです。
 
事実は同時でも、言葉や文章では同時に言ったり、書いたりは不可能です。それは釈尊でも、親鸞聖人でも、蓮如上人でも、同じことである。必ず、前後ができることは避けられません。
 
この一念の不思議を知らないから、「本願を信受」した、不可称不可説不可思議を説く「若不生者のちかい」の『和讃』を、古文の常識で読もうとする迷いから、あってはならぬ重大な誤釈を犯すこととなるのです。「信楽開発の一念」を古文の文法で理解できるなら、「不可称不可説不可思議の信楽」と言われた親鸞聖人のお言葉はウソになります。
 
 
 
貴方の問(1)に対する回答
今までも幾度となく答えたこと。それを示すために法論は今からだと、先日、答えたばかりではありませんか。やがて分かります、慌てずに。
 
 
貴方の(2)に対する回答
挙げられている3つのお言葉には、「さらに」などという愚かな言葉はありません。当然だからでしょう。
『「信楽」に生まれさせた人を、さらに「極楽に生まれさせる」と誓われているのが、「若不生者」だ』という貴方の発言を、なぜ愚かと言ったのか。それでは「信楽に生まれた者は、必ず極楽に生まれさせる」誓いが、無駄になるから。
 
 
貴方の(3)に対する回答
どんな巧みな例えでも、一分をあらわすものだという常識を早く持って頂きたい。
 
 
貴方の(4)に対する回答
「弥陀の本願力」を「若不生者の念力」と言っては意味が違う、と言いたいのでしょう。でなければ、貴方の、1月14日のメールの意味がナンセンスだと言っているのです。
 
 
貴方の(5)に対する回答
有りません。メンタルテストしただけのこと、無用なお気遣いはお構いなく。
 
 
今後も、お互い真実の信楽の開顕に努めましょう。
 
 
 
(株)チューリップ企画 サービス課 山田

|

« 2008 1/25(金) 23:08 | トップページ | 2008 1/27(日) 19:28 »

コメント

山田氏の言葉の端々から、質問に回答できない焦りのようなものが伝わってきますね。弱い犬ほど良く吠えるといいますが、山田氏がこのブログを見ているであろう会員に向かって、「自分は決して負けていないんだ」と精一杯虚勢を張っている姿勢が伝わってきます。

結局、「若不生者」の「生」を「信楽に生まれる」と仰っている親鸞聖人の言葉は一つも出てきません。必要な説明も答えも全くなく、ただ、相手が間違っていて、自分が正しいと言い張る山田氏の姿勢は見ていて悲しくなってきます。

自分が過去にこんな団体に一時とはいえ在籍していたのだな、という悲しさです。

投稿: さーもん | 2008年1月26日 (土) 23時46分

それにしても時代遅れの団体はいつまで負け法論を続けるのでしょうか?


投稿: n | 2008年1月27日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516943/10088268

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 1/26(土) 16:03:

« 2008 1/25(金) 23:08 | トップページ | 2008 1/27(日) 19:28 »